夏ばて解消入浴法

夏ばて解消入浴法(湯治を自宅で…)

疲れがとれない、朝起きられない、食欲がない、頭が働かない、下痢や便秘……。
夏バテでしょうか?
高温多湿な日本の夏。
毎年の事とはいえ、ついつい生活リズムが崩れて健康を損ねがち。
食欲がなくなると体力が消耗した状態になり、免疫力も下がるので、夏カゼをひきやすくなります。

そんなあなたに朗報。
お風呂が食欲増進に一役買ってくれます。

夏バテ解消入浴法は、39度ほどのぬるめのお湯にゆっくり浸かります。
普通の半身浴と違うのは、30分ほどゆっくり入るのではなく、15分入ったら湯船から出ます。
休憩を兼ねて10分ほど体を洗い、もう一度15分入浴。

人間の身体はお湯に入った時に一度緊張状態になり、交感神経が働いて血圧も上がりますが、しばらくすると副交感神経が優位になり、リラックスしてきます。
この変化を繰り返すことによって、血流を良くします。
すると、消化液も出やすく、食欲がわいてくるのです。

ゆっくりお風呂に入って、栄養のある食事を摂りましょう。
posted by yunyun at 2006年07月23日14:45 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。