ヒートショック

ヒートショック(湯治を自宅で…)

お風呂って、実は死亡事故が少なくないんです。原因はヒートショック。冬場に多い事故です。
ヒートショック=熱ショック

急激な温度変化で血圧が急変動したり脈拍が早くなったりします。深刻な事故につながるケースがあります。
冬場のお風呂は脱衣所も浴室も寒いです。寒いからと、熱めのお湯に浸かってしまうと血管が広がって血圧が低下します。
お風呂に浸かっていてボーッとしたことはありませんか?気持ち良くて眠ってしまいそうですが、それって実は失神なんです。
この血圧変動が、心筋梗塞や脳梗塞、溺死などを引き起こします。

対策として、脱衣所に小型の暖房器具を置くとか、入浴前に、かけ湯で体をお湯に慣らしましょう。
冬場こそ、ぬるめのお湯で半身浴ですよ。
posted by yunyun at 2006年01月10日06:57 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。