トウガラシとゲルマニウム

トウガラシとゲルマニウム(湯治を自宅で…)

辛子明太子を食べました。地元のスーパーで製造したものです。地元といっても、辛子明太子の本場とは遠く離れていますが。

この辛子明太子、辛いです。唐辛子の量が多すぎではないでしょうか?辛いものが好きな人にはいいのでしょうが。
辛さは味覚ではなく痛覚ですので、程々にしておいてほしいです。辛さに関しては、鍛えて刺激に強くなろうとは思いません。

入浴剤にもトウガラシ入りがありますね。使用すると発汗量がすごいです。カプサイシンが皮膚の温度センサーを刺激して発汗を促し、血行を良くします。
同じ発汗系ではゲルマニウム入りが最近の人気ですが、トウガラシ入りとはそれぞれ特徴が違います。
入浴中から入浴後に一気に大量の汗をかくのがトウガラシ入り。対してゲルマニウム入りはジワジワ汗をかき始めて、入浴後も長く汗が出続けます。保温効果もゲルマニウム入りが長く続きます。
一気に汗をかいてサッパリしたいならトウガラシ入り、じっくり温まりたいならゲルマニウム入りが良いようです。
posted by yunyun at 2006年01月09日05:00 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。