仏教の流入 ~入浴の歴史

仏教の流入 ~入浴の歴史(湯治を自宅で…)

8〜9世紀になると、遣唐使で唐に渡った僧たち、あるいは日本に渡来した大陸の僧たちが、さまざまな仏教経典を持ちこみました。
そのひとつに「仏説温室洗浴衆僧経(温室経)」があります。
「燃火、浄水などの七つのものを調えれば、七つの病を除去し、七つの福が得られる」という教えで、湯や風呂に入ることにより、功徳を積むというものです。
伝統的な禊では、冷たい水で身体を清めていましたが、温かい湯を使い、しかも湯浴みすると功徳が得られると説く経典でしたから、僧たちだけでなく、庶民も喜んで施浴を受け入れられました。

現在も奈良の東大寺に「大湯屋」があります。
そこには、湯を沸かすための大きな鉄の釜が残されていますが、この湯釜は、重源というお坊さんが寿永三年(1183年)に鋳師・草部是助に鋳造させたものです。
ただ、風呂は湯をたっぷりと使いますから、水や薪の確保など、大変な作業となります。
そこで、釜で湯を沸かし、その湯気を隣の密閉した部屋に送り込む、つまり蒸し風呂が主流でした。
直接湯を使うのは、釜に沸かした湯を汲み取って身体にかける「取り湯」が中心でした。
posted by yunyun at 2006年01月26日04:21 | 入浴の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。