入浴法 - 足浴

入浴法 - 足浴(湯治を自宅で…)

歩き回ったり立ちっぱなしだったり、疲れてしまって入浴する気もおきない時に効果的です。
風邪で入浴できない日も、足浴で温まりましょう。
足浴しながらテレビを見たり、読書も電話もできるので、気軽に試してみましょう。

多き目の洗面器にお湯を入れ、傍らに熱い湯を入れたポットも用意します。
43℃のお湯で、くるぶしから下を10〜20分温めます。
お湯が冷めてきたら、ポットのお湯を足しましょう。
時々足踏みしたり、指を開いたり閉じたりすると、静脈の血流が良くなって、疲れが取れやすくなります。

安堵感や爽快感が得られるので、睡眠前に行うと寝つきがよくなります。

草津温泉には江戸時代には「脚気(かっけ)の湯」がありましたが、それが足湯のはしりです。

かけ湯
半身浴 1
半身浴 2
手浴・肘浴
温冷浴
顔浴
posted by yunyun at 2005年12月08日06:22 | 家庭で簡単入浴法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。