コラム 入浴の歴史 家庭で簡単入浴法

湯船につかる

湯船につかる(湯治を自宅で…)

暑い夏でも湯船につかります。

ぬるめのお湯でもいいですから、
じっくり汗をかきます。

汗をかかないと、いつまでもだるさが残りますよね。

posted by yunyun at 2012年08月20日06:06 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よもぎ蒸し

よもぎ蒸し(湯治を自宅で…)

『よもぎ蒸し』なるものが、体が温まって健康に良いという話を聞いた。
いいものならやってみようと思うのが人情。
『よもぎ蒸し』というネーミングからして健康に良さそうなイメージがあるし。

続きを読む
posted by yunyun at 2011年02月03日09:00 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肩こり腰痛筋肉痛にインドメタシン1.0%

肩こり腰痛筋肉痛にインドメタシン1.0%(湯治を自宅で…)

慢性的な肩凝りです。もう当たり前になってしまって肩凝りで悩まされたりはしていませんでした。
ところが、不健康を無視しているととんでもないことになるのです。

凝りがわき腹というか、あばら骨のあたりまで降りてきて、ちょっとした動きで激痛が走る。腕を上げられない、体をひねれない。息の仕方にも気を使う有様。

これではどうにも仕事にならないので、昼休みに薬局まで走りました。目当てはバンテリン。
元々薬嫌いというほどでもないですが、なるべく薬は敬遠していたので、バンテリンが本当に効くのかどうか分かりません。広告効果でなんとなく効くような気がしていただけですが。ただ、バンテリンというよりも、「インドメタシン 1.0%」が効くらしいのは知っていたのです。お医者さんが出してくれる湿布薬もこの成分だそうです。

薬局に入って肩凝り・腰痛薬の棚の前。いろいろ種類があるのですね。液状、ゲル状、スプレータイプに飲み薬。お値段もいろいろで800円ほどから1200円、1800円、2200円、8000円、12600円!

何が違うの?

上から下まで薬でいっぱいの棚を見下ろすと、足元に特売品のカゴがいくつか。値段は安い。「インドメタシン 1.0%ゲル」を見つけて、「あった、バンテリンが594円!」。

買いました。その日の夜、風呂上りに塗りました。あばら骨のあたり。
塗った瞬間成分が体に染みこんでくる感触がちょっと怖い。効いてるのか効いてないのかよくわかりません。

翌朝、やっぱり痛いです。効かないのかと思いましたが、出勤前に今度は首の後ろから肩、肩甲骨からわき腹あたりまで塗ってみたら、なんと痛みが治まりました。体の芯の部分には痛みがまだ残っているようなのですが、どんなに動いても平気です。これは薬が効いたのか、それとも治ったのか?

今朝、その答えが出ました。薬が効いていたのです。だって今痛いですから。
薬を常用するのは怖いので、仕事が休みの今日は塗らないことにします。今日休んで、痛みが治まってくれるといいのですが、治まらなかったら明日からまた薬のお世話になります。

で、今頃になって気付いたのですが、この薬は「バンテリン」ではありませんでした。「シンシンインドメタシンゲル1.0%」という、富山県の新新薬品工業株式会社が製造し、ミネラ薬品株式会社が販売しているものでした。失礼いたしました。すごく良く効く薬ですね。

で、確信いたしました。肩凝り腰痛に効くのは「インドメタシン」という成分が、1.0%含まれている薬が効くのです。メーカーや値段は関係ないと思います。

お安く買えるインドメタシン 1.0%配合の肩凝り・腰痛・筋肉痛の薬をご紹介させていただきます。
posted by yunyun at 2007年12月16日10:34 | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。